扁桃腺が痛むケース

扁桃腺に関する病気を検証しましょう。

いま、日本中で麻疹(はしか)が大流行していますが、扁桃腺の病気も増えつつあります。そもそも扁桃腺とは何なのでしょうか。

そして、扁桃腺炎の症状や対応策について考えていきましょう。

多くの人が、子供の頃一度は扁桃腺の炎症を経験したことがあると思います。
扁桃腺が炎症を起すと肥大して激しい痛みを伴います。

扁桃腺炎の中でも、特に扁桃腺が腫れてひどく痛みのでるのが「急性扁桃腺炎」です。
この急性扁桃腺炎は、細菌感染によって扁桃腺が赤く腫れ、表面に膿がついた状態となり、扁桃腺が腫れたときは激痛を伴います。さらに発熱と首のリンパ節の腫れも併発して痛みが倍増するのです。

この急性扁桃腺炎がさらに進行すると「扁桃腺周囲炎」という状態になります。

ここまで扁桃腺炎の状態が進行する前に、必ず耳鼻咽喉科の専門医の診察を受けてください。

病院では、扁桃腺の痛みを和らげるための薬・抗生物質を出してくれると思います。この抗生物質でかなりの痛みが和らぎます。

扁桃腺が痛むケースのほとんどは、「風邪」です。
すなわち、喉の痛みと共に発熱し、発熱が治まると扁桃腺の痛みも収まるのが通常のパターンです。

ところが、この扁桃腺の痛みが持続する場合は、たんなる風邪ではないことが考えらますので要注意です。

扁桃腺の痛みは、油断できません。
こじらせる前に必ず専門の医師による診察を受けてください。

「扁桃腺が痛むケース」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4105682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック