ほかの場所にも病気が起こってくる恐怖

扁桃線とは、咽頭の粘膜内で発達したリンパ組織です。

扁桃は外部から侵入してくる病原体に対して防御の役割を果たしており、なかでも口蓋扁桃は大切で、一般に扁桃と云えば口蓋扁桃を指します。

口を開くと上顎の奥の方の、のどちんこの付け根の両側にあるかたまりが口蓋扁桃です。

ちなみに一般に扁桃腺と言われていますが医学用語では単に扁桃と呼ばれます。この口蓋扁桃に炎症が起きた状態が扁桃炎です。

扁桃腺炎とは、扁桃の表面に付着している常在菌が、気温の変化やほこりなどの刺激、過労や風邪などによって抵抗力が弱まることで、活動を開始し、炎症が起こすことをいいます。

風邪のウイルスが原因になることもあります。
原因菌は溶血性連鎖球菌が多いとされ、これ以外では黄色ぶどう球菌や肺炎双球菌、およびウイルスによるものが明らかになっています。

誘因としては暴飲暴食や過労、のどの乾燥などがあげられます。

急性扁桃炎は、急性咽頭炎と一緒に発症し、のどの炎症が特に激しいものを言います。
急に39−40度の高熱がでて、のどがひどく痛み、それに伴い全身がだるかったり、関節痛がでたり、痛みが耳にまで放散する場合もあります。

この急性扁桃炎が慢性化したのが慢性扁桃炎です。
慢性扁桃炎には突然急性化の症状を示す場合がありますが、これが1年に4−5回繰り返す場合を特に習慣性扁桃炎と呼びます。
習慣性扁桃炎では、病巣感染といって関節や腎臓、皮膚など、ほかの場所にも病気が起こってくることがあります。

治療には、内科か耳鼻咽喉科の診察を受けた方が良いでしょう。
内服薬には、ペニシリン系の抗生物質が使用される事が多いです。

のどの痛みや腫れがひどく、食事がとれない場合には入院して点滴で水分と栄養を補います。
家庭では安静が第一。

食事は刺激のない流動食やのどごしの良い食品をとり、動物性タンパク質やビタミンの摂取を心がけてください。

急性の場合は、うがいやトローチはあまり効果がありません。
まずは1−2日間身体を休めるのが有効で良い方法です。

脱水症状を起こしやすいので、水分補給は、特に欠かせません。

「ほかの場所にも病気が起こってくる」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4117459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック